「炊き出し」又は「闇鍋」のイメージとして。

1998年、夏祭りのカレーにヒ素が検出され4人の死亡者を出した「和歌山毒物カレー事件」。

主犯者とされる林眞須美(はやしますみ)死刑囚だが、「明確な動機や決定的な証拠」が無いため免罪の可能性も疑われている。

真相は不明だが、「マスコミの偏向報道によって犯人に仕立てあげられた」可能性も否めない。


 


 

利用規約に同意してダウンロード