「イナバウアー」又は「フィギュアスケート」のイメージとして。

日本では荒川静香の演技で一躍有名となった「イナバウアー」。

この技法は1950年代、旧西ドイツで活躍した「イナ・バウアー」氏が開発したもので、「足を前後に開き、つま先を180度開いて真横に滑る技」である。

荒川氏が金メダル獲得時に行った「上半身を大きく反らせる特徴的なイナバウアー」は「レイバック・イナバウアー」や「サーキュラー・イナバウアー」と呼ばれるもので、オリジナルの「イナバウアー」の発展型ということになる。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading