慣用句「蜂のように刺す」のイメージとして。

「蝶のように刺す」とは、元々はモハメド・アリが自身の「的確なジャブ」を表現した言葉だ。

「蝶のように舞い、蜂のように刺す」で一つの言葉となる。

その後に続く言葉が、「奴には私の姿は見えない。見えない相手にパンチが当たるワケがないだろう」である。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading