「敬意」又は「礼」のイメージとして。

軍隊などで見られる「右手をこめかみ付近に添えて、直立する動作」を厳密には「挙手の敬礼」又は「挙手注目敬礼」という。

軍隊や警備会社や交通会社等で、これが導入される理由は、「制服・帽子や銃などの装備の為、頭を下げるのが困難なため」であると言われる。

この動作は元々、「鎧を着た騎士が鉄兜の目の部分(バイザー)を上げる動作」が始まりとも言われている。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading