「時間厳守」又は「スケジュール」のイメージとして。

「日本ではが時間通りに来る」ことからか「日本人は時間を守る」というイメージが世界的に浸透している様に思える。

一方で日本の労働者生産性(時間当たりの生産量)は主要先進国の中でも低い順位となっている。(2016年現在)

「公共の時間には几帳面だが、自分の労働時間は曖昧」という、良くない「おもてなしの精神」が原因かもしれない。


 


 

利用規約に同意してダウンロード