「ゾンビ」又は「徘徊」のイメージとして。

「ゾンビ」というは、元々はブードゥー教で「生ける死体」を意味する言葉であった。

「腐った死体が歩き回る」という現代の「ゾンビ」のイメージは、ジョージ・A・ロメロ監督の「ゾンビ」により定着する。

マイケル・ジャクソンが「スリラー」のPVで見せた「ゾンビ」は、ゾンビのイメージを広く世に認知させた。


 

利用規約に同意してダウンロード