「ギャンブル」又は「一発勝負」のイメージとして。

任侠映画等の定番シーンは「丁半博打で片肌を脱いだ女性壺振り師が、晒(さらし)を巻いて登場する」というものだ。

これは賭博の客は殆どが男であり、「壺振り師が女性」の方が客も集まり、賭場にに居る時間も長くなる、という理由からと言われる。

着物にサラシ一つで登場する理由は「隠し事はしてません」というアピールであったと言われる。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading