「受験戦争」又は「反抗」のイメージとして。

日本国内において「」が激化したのは1978年度の「共通一次試験の開始」とされている。「受験戦争」という言葉も同時期に生まれたものと思わえれる。

ベビーブームのピーク、昭和48年生まれ(1993年受験)の受験がもっとも過酷な受験であったと言われている。

受験をテーマにした映画も数多くあるが、森田芳光監督、松田優作主演の「家族ゲーム」は日本映画史上に残る傑作として記憶されている。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading