「新聞配達」又は「苦学生」のイメージとして。

学生が生活費や学費を捻出するための定番アルバイトが「新聞配達」だ。

昨今、「学生時代の奨学金を返済できずに生活苦に落ちるという」事案が社会問題化している。

果たして借金までして大学に行く意義があるのか?

「大学に行けば将来安泰」という20世紀的発想は既に無くなりつつある。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading