「火消し」又は「纏」のイメージとして。

江戸時代の消防団、「火消し」が旗印として用いた纏(まとい)。

纏は消火活動の目印であり、仲間たちの士気を鼓舞する目的で使われ、組織の中でも体力、威勢い優れた者が纏持ちとして任命されたという。

なお纏の元となったデザインは、丸が「ケシの身」、キューブが「升(ます)」をモチーフとしており、「消し・ます」というダジャレとなっている。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading