」又は「プロボクサー」のイメージとして。

数々の偉業を成し遂げた事で知られるモハメド・アリ。

ノーベル文学賞を無視するほどの偏屈者、ボブ・ディランでさえも彼のファンであることを公言していた。

多くの名言があるが、一番好きなのは「不可能とは、自分の力で世界を切り開くことを放棄した臆病者の言葉だ。不可能とは、現状に甘んじるための言い訳に過ぎない。不可能とは、事実ではなく単なる先入観だ。不可能とは、誰かに決められることではない。不可能とは、可能性だ。不可能とは、単なる通過点だ。不可能なんて、ありえない」だ。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading