「オーバーヘッドキック」又は「アクロバティック」のイメージとして。

派手な動きで目を引く「オーバーヘッドキック」はスペイン人が考案したことで知られる。

日本では「オーバーヘッドキック」と呼ばれるが、自転車のペダルを漕ぐ動きに似ている事から、海外では「バイシクルキック」と呼ばれる事が多い。

2011年イングランド・プレミアムリーグ、マンチェスター・ユナイテッドとシティーのダービーマッチでウェイン・ルーニーが決めたオーバーヘッドキックは「プレミアリーグ史上最高に美しいゴール」として記憶されている。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading