「福の神」又は「福助人形」のイメージとして。

幸福を招く縁起人形として知られる「福助人形」は江戸時代に流行した福の神の人形「叶福助(かのうふくすけ)」がルーツだという。

この人形には「佐太郎」という実在のモデルがいるとされ、伸長60cmほどで頭が大きい不具者であった様だ。

不具者であったことから「不具助」を文字って「福助」と名前を変えたところ人気者となり江戸の見世物で活躍したという。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading