「武装親衛隊」又は「ドイツ国防軍」のイメージとして。

ナチス・ドイツ軍の柄つき手榴弾、「M24型」は20世紀を代表する歩兵兵器として知られる。

柄つきである理由は「手投げ棍棒」だと言われ、古くからの狩猟民は棍棒を回転させて投げて、動物を狩るなどしており、原始的な武器として一般化していたものである。

一方アメリカ軍の手榴弾(Mk II Grenade / Mk 2 Grenade)はパイナップル型で柄がないものであるが、これは野球経験者が多くボールを遠投することに慣れていた事に由来するという。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading