太陽の塔のイメージとして。

太陽の塔は1970年、大阪万博のシンボルとして故・岡本太郎氏により建造された巨大な像巨大な像(塔)。

全長70m、塔の内部は「生命の樹」と呼ばれる「生物の進化」を表現した展示物が置かれている。

上部の顔は未来を意味する「黄金の顔」、胴体には現在を意味する「太陽の顔」、地底には人間の心の根源を意味する「地底の太陽」が備わっている。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading