「蚊取り線香」又は「蚊遣器(かやりき)」のイメージとして。

日本の夏の風物詩の一つに「ブタの蚊遣器(かやりき)」がある。

蚊遣器の形状が何故ブタなのかには諸説あるが、江戸時代に「一升瓶に詰めた杉の葉などを燻して蚊を追い払っていた」のがルーツとされる。

その後明治時代に蚊取り線香が開発され、瓶の形状をブタに見立てて蚊遣器としたのが始まりされている。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading