「ソウル・シンガー」又は「R&B」のイメージとして。

「クイーン・オブ・ソウル」又は「レディー・ソウル」の異名で知られたアレサ・フランクリンが米国現地時間8月16日(2018)に亡くなった。享年76歳。

長きに渡りソウルミュージックの象徴的な存在として君臨し、いまだアレサ・フランクリンを超えるシンガーは現れそうにない。

飛行機嫌いとして知られ、切望された来日公演はついに叶うことが無かった。

なお日本での表記は「アレサ」だが、実際には「アリーサ」とする方が近い発音となる。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading