「猫の手も借りたい」のイメージとして。

「猫の手も借りたい」とは、「忙しさのあまり、誰でもいいから手伝いが欲しい」ことの例え。

なぜ「猫」かというと明確な理由はなく、大正時代以前は「犬の手」と言われていたという。

しかし「猫は自由気ままで役に立ちそうでない」、というイメージもあるので、「猫の手」とも思える。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading