腹切り(はらきり)又は「自決」のイメージとして。

「切腹(せっぷく)」は日本独自の習俗であり英語圏では「腹切り(harakiri)」として、英単語となっている。

古来より切腹は処刑の方法としてとしても知られるが、それが許されたのは対象者の名誉を重んじた場合のみであったと言われる。

通常、切腹人が腹を裂いただけでは死亡まで時間がかかりを強いることとなるため、介錯人(かいしゃくにん)と呼ばれる補助を行う人物が、切腹直後に後ろからで斬首するのが一般的であったという。


 

利用規約に同意してダウンロード