「飛脚」または「運搬」のイメージとして。

江戸時代の情報伝達手段となっていた「飛脚」は、一日で50kmから200kmを走ったと言われる。

その走り方も現代人とは異なり、殆ど手を振らずに前のめりとなり反動を利用して走っていたそうだ。

裸で走る人も多く、粋を表現するため入れ墨を全身に施す者もいたという。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading