「虚無僧(こむそう)」のイメージとして。

「虚無僧」は江戸時代の普化宗有髪の僧。尺八を吹き諸国を回って托鉢(物乞い)をした。

不気味な出で立ちで気味が悪いが、これを良いことに「悪事を働く偽物」も多く出回ったという。

なお偈箱(げばこ)に「明暗」と書いてあるのは宗教的な意味はなく、京都の明暗寺の系統の僧であるという主張の様だ。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading