「水中毒」のイメージとして。

水の過剰摂取は、疲労感、頭痛、めまい、ケイレンなどを引き起こし、酷い場合には低ナトリウム血症で死に至るケースもある。

これを「水中毒」と言い、高温期の熱中症対策と同時に水の飲み過ぎにも警戒が呼びかけられている。

対策としては水の一気飲みを控え、人体が一度に吸収できる水分200ミリリットル程度を目安に少しずつ飲むのが良いとされる。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading