「熟考」、「悩み」、「苦悩」、「戦略」、「思考」、「」などのイメージとして自由にご利用いただけます。ホームページやブログ、企画書の挿絵(イラスト)としてご活用ください。

「考える人」として知られるロダンの作品だが、当初「地獄の門」という別の作品の一部として登場したのが最初でした。

当初は「人物が地獄に落ちる罪人を見ている」という構図となっており、その後「見ている人」が切り離さされ「詩人」として発表されました。

「考える人」とう名前もロダンの命名ではなく鋳造家のリュディエという人が後付したものだそうです。



 

利用規約に同意してダウンロード