「熟考」又は「悩み」のイメージとして。

「考える人」として知られるロダンの作品だが、当初「地獄の門」という別の作品の一部として登場したのが最初だ。

当初は「人物が地獄に落ちる罪人を見ている」という構図となっており、その後「見ている人」が切り離さされ「詩人」として発表された。

「考える人」とう名前もロダンの命名ではなく鋳造家のリュディエという人が後付したものだそうだ。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading