「落語」又は「寄席」のイメージとして。

落語(らくご)は、江戸時代から伝わる日本の伝統芸能。

最後に「落ち」がつくことをひとつの特徴としており、一人芝居で身振り手振りで情景を豊かに表現しながら噺を進めて行く。

多くの噺家は小道具として「手ぬぐいと扇子」を巧みに扱い、手ぬぐいを容器、扇子を箸に見立てた「そばを食べる仕草」は落語の定番として有名である。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading