「そば職人」又は「のし(均一に伸ばす)」のイメージとして。

蕎麦を作ることを「そば打ち」と言い、熟練の職人技が必要とされている。

蕎麦を伸ばす工程は「のし」と言い、蕎麦を打ちやすくするため小麦粉や卵などの「つなぎ」を入れる。

その際つなぎを全く入れない蕎麦を「10割蕎麦」と呼ぶ。


 

 

Please read the Terms of Use before downloading