「そば職人」又は「蕎麦」のイメージとして。

蕎麦屋の修行は「水回し3年、延し3月(みつき)、切り3日(みっか)」と言われています。

水回しは「そばと水を最適な分量で混ぜ合わせる」、延しは「そばを伸ばす」、「切り」が「そばを切る」です。

現在の様にそばが「細い麺」の形状になったのは江戸時代の初頭だと言われており、それ以前は粒状や餅の状態で食した様だ。

「そば切り」は3日と短いが、重要な工程には違いない。

 


 

 

Please read the Terms of Use before downloading